道出版新刊案内


「クリフ・バートン」“彼はまるで人生を一度生きた人のようだったわ”

クリフ・バートン
凄まじき知性、ベルボトム、リッケンバッカー
この3つを武器に、たった3年で音楽史に名を残した天性のベーシスト。

24歳で非業の死を遂げた男の24年後のストーリー。


     メタリカのようにバンド自体が巨大ビジネスになってしまうと、いつも注目を浴びていなくてはならない。
     その時、求められるのは自我の意識だ。つまりミュージシャン全員が頑強でなければならない。そして、この頑強さこそクリフの神髄だ。
    彼の友人や家族の発言を覚えているだろうか。
     クリフがいかに我が道を行き、自分で決断し、妨げようとする人物に取り合わず、そして引き下がることを拒んだ人物であったか。 この特性は現代のメタリカに吹き込まれ、少なくとも15年から20年はそのまま浸透している。
     私がクリフについて書こうと思ったのは、ミュージシャンとして偉大だというだけではない。
     クリフはとても魅力的な人間だったと、彼に会った誰もが口にしているからだ。それは決してノスタルジアでなく、彼らにとってクリフの記憶はいまだ鮮明だということだ。
     その死後、ファンにより神格化、あるいは美化されるミュージシャンは多い。だが、クリフはまさに生まれつき温かいハートの持ち主で、メタリカの成功が彼を変えようとしても、 流されないことを望んでいた。この本を書くにあたり、可能な限り多くの友人、 知人へのインタビューを試みた。そして誰もが、クリフは唯一無二の存在であったと認めている。
                       ──── 著者より (本文より抜粋)  



 

クリフ・バートン

カートに入れる

書 名 : クリフ・バートン
著 者 : ジョエル・マクアイヴァー
翻 訳 : 有馬さとこ
判 型 : A5判 並製
発 売 : 2009年9月中旬
価 格 : 3,024円 (本体2,800円)
ISBN  : 978-4-8608-6051-6 C0033
   

 

Copyright (C) 2006~2015 michi-shuppan. All Rights Reserved.